「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

芒種[Boesch] Life Design Shop tetragona..

tetragona.exblog.jp

カテゴリ:仕入れ旅( 5 )

仕入れ旅・愛媛

広島を後にして

しまなみ海道を通り四国入り

目指すは砥部焼・「中田窯」さんへ

d0180301_1243423.jpg


tetragona..では
初めてお取扱させて頂く「砥部焼」

古くより砥石、「伊予砥(いよど)」の
産地として有名な砥部町
その砥石屑の再利用から始まった「砥部焼」

純白よりやや黄色みがかった白が特徴の磁器で
その土の性質上、分厚くひかないといけないため
かたちもぽってりしています

「中田窯」さんの器は
あえて鉄分を含ませて
黒の斑点を生かした磁土に描く
染付、印判、釉裏紅(ゆうりこう)に
特徴があります

あいにく窯主の中田正隆さんは
丸亀市でのグループ展のためご不在
奥様と長男の太郎さんにお世話になりました

d0180301_12365037.jpg

d0180301_1237127.jpg

d0180301_12373670.jpg


砥部焼・中田窯を後にして
途中、香川県・高松市で最後の目的を済ませ
今回の仕入れ旅は無事終了
1200㎞に及ぶ仕入れ旅の結果は
明日より開催予定の企画展でじっくり紹介させて頂きます
お楽しみに

企画展の告知は後程・・・
[PR]
by tetragona-m | 2014-06-18 12:45 | 仕入れ旅

仕入れ旅・島根④~広島へ

「袖師窯」さんを出て
島根の次なる目的地へ

島根県出雲市斐川町出西

そう
「出西窯」さんへ

d0180301_15392374.jpg


以前からですが
このところ特に人気があり
なかなか入手も困難な現状

事前にお伺いしていた通り
展示場にも定番物も含め
器が少ない状態でした

今回の企画展のお話をさせて頂き
ご無理言って貴重な器を少し仕入れ
させて頂きました
以前の注文分も少し焼きあがっていて
なんとか良い仕入れが出来ました

店頭で欠品が続いたいました器も
入荷しますよ
ご紹介は企画展の告知の際にたっぷりと

出西窯さんを出ると既に夕刻

明日は最終目的地「四国」です

可能な限りの移動と
美味しいものにありつけそうな事と
いろいろ考え、泊りは広島市内に

繁華街の宿より
久しぶりの路面電車を乗りつつ
美味しいもので今日の疲れを癒しました
d0180301_15454329.jpg

d0180301_15444942.jpg

d0180301_15451697.jpg

d0180301_1546975.jpg

老舗のおでんや
器は全て「小鹿田焼」
広島カープファンに混じって
タイガースファンもカープを応援!

さぁ、明日は四国へ
[PR]
by tetragona-m | 2014-06-17 15:51 | 仕入れ旅

仕入れ旅・島根③

d0180301_15524980.jpg

島根県松江市

築100年以上の木造の作業場で
日用品としての焼き物をつくり
続けておられる「袖師窯」さん

とても誠実に感じられるその器は
日々の生活の中で気持ちを豊かに
させてくれる存在になると思います

日々、おごることなく器に向かって
おられるつくり手の方々の姿勢が
器に宿っているかの様です

d0180301_1664288.jpg

d0180301_167493.jpg

d0180301_1672995.jpg

d0180301_1675218.jpg


久しぶりの訪窯でしたので
いろいろとお話させて頂きました

お忙しい中、作業場も案内して頂き
大変有意義な時間を過ごせました

いっぱい器を仕入れる事が出来ました
次回の企画展でご紹介しますね

新たな試みもあり・・・ご期待下さい

袖師窯さん、大変お世話になりました

おまけに
作業場で不思議な光景
(勉強不足なのかも知れませんが・・・)
d0180301_16131783.jpg

d0180301_16134170.jpg

釉薬を掛けたカップを斜めに
なぜか・・・?
水平に置くと柄の釉薬が垂れて
落ちてしまうのを防止する為だそうです


島根の仕入れ旅は続きます
[PR]
by tetragona-m | 2014-06-15 16:18 | 仕入れ旅

仕入れ旅・島根②

安来市から
今度は松江市へ

予定外に
もうお昼時
急がねば・・・
でも腹が減っては・・・

とりあえず
腹ごなしを優先

松江はやっぱり
蕎麦でしょう
d0180301_184186.jpg

d0180301_184487.jpg


ごちそうさまでした

お腹も満たされ
次の目的地
「袖師窯」さんへ

そうそう
先ほどの蕎麦屋さんも
袖師窯さんに
教えて頂いたんでした

つづく
[PR]
by tetragona-m | 2014-06-14 18:08 | 仕入れ旅

仕入れ旅・島根①

先週は
月曜・火曜日と
連休を頂き
仕入れの旅へ

次回の企画展の
仕入れもあり
かなりハードな旅となりました

まずは島根へ

島根県安来市広瀬町

「広瀬絣」で名高い
織りで栄えた町です

「広瀬絣」の繁栄と共に
多くの「紺屋」があり
その技術を競い合った
歴史があります

戦後、染色業の衰退により
広瀬町唯一の紺屋となった
「天野紺屋」さん

今は若き5代目
天野 尚さんが
伝統を継承されています

そんな「天野紺屋」さんの
工房へお伺いしました

d0180301_1716310.jpg

藍に染められる時を待つ生糸
尚さんに代になり糸染めのに加え
布染めの「藍型染め」も始められたそうです


d0180301_17162753.jpg

藍の原料「藍液」の甕
この日、あいにく尚さんはご不在
代わりにお母様が丁寧に説明をして下さいました


d0180301_17164893.jpg

「藍は生きている」の言葉の通り
藍液の管理はとても難しく
液の状態を目で見て、鼻でかぎ
舌で確かめながら、まるで会話を
するかのごとく藍と向き合う必要が
あるそうです
奥深き藍の世界です

そんな「天野紺屋」さんの商品も
近々ご紹介出来ると思います
もうしばらくお待ち下さい
d0180301_18175991.jpg

[PR]
by tetragona-m | 2014-06-12 17:43 | 仕入れ旅